スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありゃりゃ

遂に来ちゃいましたね!
まぁね、過疎しまくりだったみたいなので仕方ないんでしょうなぁ。最初の頃は、この辺でも結構取り上げられてたんですがね~。
この辺りでは勇ましいというか、頼もしいというか、夢があるというか、そんな話をしていたメタルユーキさんですが!
個人的にはね、この人は曲書いてりゃ良さげな気もするんですがね。プロデューサーって器じゃないでしょ。この人がプロデュースしたときメモ2以降、シリーズは右肩下がり。サブストなんて当時は速攻ワゴン行き。それでもなかなか売れなかったみたいですね。サブストパッケージに貼ってあった「メタルユーキ プロデュース」なんて文句の入ったひかりんのイラストシール、色褪せてたのを見たときは「ああ……」なんて思っちゃいましたよ。
それ以外でもゲーム版最終兵器彼女のプロデュースしてたみたいですが、こちらもコケまくり。そして今回のONLINE失敗。結果がある程度でたのはGSぐらいでしょうか。それでもときメモ1の足元にも及ばないんですがね。

わたしゃね、ときメモONLINEについてはPK(=他のプレイヤーを殺す行為・人)があれば! 参加してもよかったんですがね(笑) なんにせよ舞台が学校の中だけってのは、できることが少なすぎるのではないのかな、と思うのですよ。Ultima Online(UO)を初めて知った頃、まだ、ブロードバンドなんて言葉は一般的じゃなく、日本のプレイヤーはアメリカの鯖までラグの中、テレホタイムとか利用して接続してた頃ですね、「なんてスゲーゲームなんだ! 是非やってみたい!」と思ったものです。だって釣りができる、釣った魚を料理して売ることができる、木こりができる、木こりで得た木材を加工して家具を作ることができる、他のプレイヤーを殺すことは勿論、スリをすることもできる、殺した他のプレイヤーの死体をバラバラにすることができる(頭とか足とか腸とか脳味噌とか、そんなグラフィックデータまで用意してあったですよ/笑)、他のプレイヤーと協力してダンジョンを攻略することができる、鉱石を掘ることができる、得た鉱石を精製することができる、精製したインゴットから武器・鎧を作ることができる、牛や馬を殺して皮をはぐことができる、畑の綿花から綿を取ることができる、野にいる羊から羊毛を刈ることができる、毛や綿を糸にすることができる、糸を布に織ることができる、布や革で洋裁をすることができる……もうね、「何でそんなとこまで細かく作ってあるの?」っつー感じで。UOのプレイ日記を載せてたサイトを見ながら、すっごいドキドキしたもんです。当時は。
ときメモONLINEはそういうドキドキが全然感じられなかったですねぇ……やっぱアレですよ。プレイの選択の幅を無駄とも思えるぐらい、作り込んで用意して欲しかったですね。そこから、(ときメモONLINEで重視していた)コミュニケーションの幅も広がっていくと思うんですよね。舞台だけ用意して「ハイ、喋れ!」って言われてもねぇ、ちょっと困りますねぇ。

ま、正直言ってときメモシリーズの今後には何一つ期待してないっつーか、期待できる要素が何もないっつーか、今回のときメモONLINE大コケでだめ押しっつーか、どうでも良いんですがね。『forever with you』とその派生ゲームやヴォーカル曲をですね、昔を振り返りつつたまに引っ張り出して楽しむのみですよ、ええ。
スポンサーサイト

来た! 来た来た来た来た!

日刊アルバイトニュース! ではなく! 水着ぎゃるっす!
まずは頂きました残暑お見舞いを! 展示させて頂きまする!

えっと、こちらで詩織への激LOVE、すなわち! 80年代風に言うと詩織命って感じ? そんな愛を感じる二次創作小説を執筆されてる、でも、描かれる絵はヒナちゃんが多いような気がする安房守さんより頂きました。
ハァハァ! 肉感的なヒナちゃんがたまりません。色々ブッチしちゃいたいというか、水着がブッチされそうでたまりません! つまり! 蟹がラブリーだと思います! 安房守さん、どうもありがとうございました。

話は変わりますが先日から本日昼間にかけて、また例のアレですよ。偏頭痛! 多分死ぬまで付き合うことになると思うんですが、こいつのせいでですね、寝たり起きたりという感じでした。
寝ると言っても眠れるというわけでもなく、ただ横になってるだけなんですが、それも暇なので! DS! を寝転がりながら遊んでました。
そうです! 先日ここに書いた! 『ふたりはプリキュア Max Heart DANZEN!DSでプリキュア 力をあわせて大バトル!!』……な、長いタイトルっす! このページを見てるほとんどの方、二行にわたって表示されてるんじゃないでしょうか? これを読んだ三人の声優さん達。お疲れ様でした!(タイトル画面で喋ります) これをですね、やってたんですんだよ。
で、このゲーム、前はイマイチかも? と書きましたが、しっかりやってみると! 結構おもしろいんじゃない?(←いつもながら前と言うことがコロコロ変わります)
あくまでプリキュアファンがプレイすることが前提ですが。イベントや必殺技のたびに上画面にカットインされる、ムービーや一枚絵がですね、悪くないんですよね。まあ、ずっとやってりゃ飽きるかも知れませんけど。
あと、キャラにちゃんと性能差があってですね、黒はパワータイプ、白はスピードタイプって感じに味付けされてます。そう、ものすごく差があるってわけじゃないんですけど。
例えばジャンプキックなんか、黒は敵に当てれば一撃でダウンを奪えます。白は一発では倒せませんが、空中での連続キックが出せるんですよ。ちょうどMHのOP、「笑う角に福来たる~」のあたりみたいな感じで。
それからジャンプ中はレバー下入れで出せる技が変わったりですね、結構凝ってるんですよね。ドット絵のモーションも申し分ないですし。
これでステージにもっと変化をつけたり、例えば背景のビルに登れるとか、背景にあるなんかのアイテムを利用できるようにするとか、あるいは投げ技を追加したり、吹っ飛んでる敵に空中コンボを入れられるようになると、ものすごく化けるゲームになるんじゃないかなあ! とズキズキ痛む頭で思ったですよ。子供向けとは言わず、「大きなお友達モード」かなんかで追加してくれませんかねぇ? マトリックスソフトさん。(←開発元……わ、多分今現在売れてるであろう、FF3のDS移植もここだったのね……)
ああ、ルミナスですが、ゲームを一回クリアする(因みに、スタッフロールは全部片仮名と平仮名でした/笑)と選べるようになりました。ものすごくクセの強いキャラですが、慣れると最強かも知れません。
そして、今まで知らなかった私がアホウでした! 無印、MH、SS通じて一番好きな! 夢にまで出てくる! 元気になるのは簡単! 彼の笑顔を見てると! な藤P先輩! 彼のミニゲームが遊べるなんて!
早速GBA版の購入を検討している私がここにいます。GBA版プリキュアは無印とMH、二つあるんですがどっちが面白いんでしょうかね。いっそ両方買うしか!

んと、逆転裁判の方も終わりました。もうなんかゲーム漬け(笑)
こっちの感想はまたそのうち。とりあえず、別冊ヤングマガジンに載っていたマンガ版をちょっと読んだンですが……良くも悪くもなく、まぁ、無難なところでした。絵にちょっとクセがあるかなぁ?

テーマ : ときめきメモリアルシリーズ(GS除く)
ジャンル : ゲーム

されると恥

ハイ、実は昨日の続きなんですが! めんどいと言いながらスキャンしてしまう私。や、実は他にスキャンするものがあったので、ついでこれらのブツもスキャンしただけなんですがね。
えーっとですね。詩織ですよ。

引っ越しするたびに何かがなくなっていく、そんな私のときメモCDコレクションなんですが!

いやー、何処かにあるとは思うんですがね、聴きたいときに聴けないってのも少々イライラしますので!

結局買い直すという、もうね、アホウかと、私。
値段は見ての通りでしたが! 私が愛用している、これらの品を購入したブッ○オフですが! 異常にときメモ系が充実してるんですよね~。
ステレオドラマや月刊、まぁ、これは何処でもあまってますよね。その他にはドラマシリーズのドラマ、虹色は1~5とステレオドラマ、彩も1~5、旅立ちも詩織1・2と見晴篇、ボーカルコレクション1~6、各キャラ名義のボーカルアルバム全て、SOUNDコレクション、MIDIコレクション、ときめきの放課後サントラetc……無いのはピアノコレクション1・2、MIDI POWERS、SS版サントラ……ぐらいですかねぇ?
そしてすごいのはご覧の通り、新品が異常に多くて、しかも! 売り切れたタイトルが1ヶ月もしないうちに補充されて! それも新品という!(笑)
一体どんなルートから入って来てるのでしょうか。一般の客からでないことは確かだと思うんですが! バッタ屋とか、そういうのでしょうか? ま、私には関係ないし、興味もないんですが。

そしてもっとすごいのが!

こういうタイトルまで!

買い直せるとは!

夢にも思ってなかったんですが!
聞くところによると、このカラオケコレクション、ShiorimateかTOKIMEKI CLUBか、どっちかよく知らないんですが、その辺の会員向け限定通販品らしいです。
で、なぜそれが新品で? 謎は深まるばかりですぅ。
上の3枚、詩織のアルバムなら定価で買うことも、まあ、あってもいいかなぁと思いますが!……カラオケコレクション……定価3150円ですかぁ……う~ん! ま、定価で購入された方は漢ですなぁ。

しかし、こうしてジャケを並べてみると、ときメモ1の女の子たちはダサ……あ、いや! 野暮ったい服装ですなぁ、正直言って。それが悪いってわけじゃないんです。むしろ良い! と言いたい!
最近の若い女の子たちはスタイルが良くなって、ファッションセンスもかなり良いんですが! 我々が高校生だった頃はですね、めっさめんこいぎゃるでもですね、「おめ、何よ? そのカッコ?」と思わず声に出してしまいたくなる! そういう娘っこ、結構いたんですよ。マジで。
つまり! ときメモ1はノスタルジー! 二度とは戻らぬ甘酸っぱい青春の日々! みたいな。制作者は狙ってやったわけではないかも知れませんが、そんな部分も世のおっさん達に大受けした要因なのではないかと! ま、あれですな。ヘソ出したりエロいかっこさせれば良いってモンじゃないんですな、実は。

テーマ : ときめきメモリアルシリーズ(GS除く)
ジャンル : ゲーム

友達に噂とか

いやあ、ちょっとブログのデザインをいじったんですが、ほら、サイトの方はずっと放置中じゃないですか。や、飽きたってわけじゃないんですがね、ほら、アレですよ。広告無し・CGIオッケーな無料サーバーの抽選とか申し込んでるんですがね、要するに抽選に外れてるみたいでまったく音沙汰がない……というのはウソで、変な出会い系とか、抽選で商品が当たるとか、そんなメールが申し込み時に使ったアドレスに届くようになったんですが!(笑) なんにせよ、当選メールは一通も来てないので、サーバーすら決まってません。
それで話を元に戻すと、CSSなんですがね、全然使ってなかったから、すっかり綺麗さっぱり忘れてましてねー。ちょっと苦労しましたね~。
で、ブログのデザインをカスタムしててですね、使えそうな絵とかその他色々なマテリアルがですね、ときメモ関連しかないんです。そこではたと気付きましたね。ああ、そういえばウチは元々ときメモオンリーサイトだったなぁ! とね。
そーいうわけで、本日は久々ときメモの話題でも。

・虹野さんのカップは?

昔々、そのまた昔。ゲーセンにときメモのプライズが溢れてた頃のお話しですが! 当時りんごの段ボール箱3箱分以上色々ため込んでた私ですが! 諸事情があり手放してしまい! 今では1箱分ぐらいしかありません!
これは手元にある内の一品でして、えーと、『ときめきマグカップ2』とあるからには、『ときめきマグカップ』というのもあったんでしょうけど、というか、自分、絶対持ってたはずですが! どんなものか全然覚えておりません。

マグカップ2のラインナップはこの6人。「人気が高い!」と言い切れるのは中央列の二人だけ。ううっ!……右下の子も忘れないでくだちい。
このマグカップに使われてるイラストは、他ではあんまり見かけない感じの絵ですね。虹野さんがちょっぴり大人っぽくてE感じ!
画像クリックでお分かりいただけると思いますが、プライズなのででっかく「景品用」と記されてます。当然非売品です。つっても、プライズ商品ってそれ系のショップで堂々と売ってますけどね。Wizardlyのボルタック商店なみのボッタクリ値で。そしてプライズではあっても「Made In Japan」なんですねー。コストかかってるゥ!
因みにこのマグカップですね、何か特殊な仕掛けがあるみたいなんです。これで紅茶などを頂くと「虹野さんのいいニオイ」フレーバーが飲み物に加味されるんですよね。リラックスしたくて紅茶飲んでるのに、ますますコーフンしてしまうという、ある意味こまったちゃんなカップなんですよ~。
大嘘ですけど。でもでも、私の脳内ではそういう匂いがするんです!

あのね、私、あなたのためなんて言う気は全然ないけれど~♪

リサイクルショップのワゴンにて100円か200円ぐらいだったかな? ちょっと忘れたけどそのぐらいの値段でしたね。あまりに不憫で手に取った一品。台座にはオルゴールが仕込んであるんですが、その曲は『恋、おやすみなさい』。本編で彼女が出てくるときのBGMですな。それでも良いんですが、せめて『フィフネルの宇宙服』とか『青になれ!』とか『星空のパワー』とか、そういう選曲にしてくれればいいのに。コ○ミは分かってませんね。いや、もう慣れたけど。
というか、一番の問題はフィギュアの出来がダメダメってことでしょうかね。造形も塗りもお話しになりません。そりゃワゴンで叩き売られても仕方ないかと。この手の商品でフィギュアの出来が悪いって、何を考えてるんでしょうか。本当にコナ○は分かってません(笑)

それでも! 強気の価格設定。『ときメモ』の名を冠せばなんでも売れる、そう考えていた時代が彼らにもありました!(もしかして、今でも?) で、プライズが日本製で、売り物は中国製なんだ。
そして! ときメモの伝統!

意地でもぱんつは見せません! 流石オフィシャルでは芹華ちゃんしか見せていない、っつっても原画の方では優美ちゃんも紐緒さんも見せまくりでしたが! とにかく、製品では皆無なぱんつ! みはりんのスカートの中、スカートと同色の「何か」で埋まってます! 一体どうなってるんでしょうか。こういう手抜きっつーか強引な処理は見ていて清々しいですネ。
他にも色々あるんですがねー、スキャンしたり写真撮ったりするのがめんどいっていうか。気が向いたらいずれまた。

テーマ : ときめきメモリアルシリーズ(GS除く)
ジャンル : ゲーム

最近の記事とコメント(+)
最近のトラックバック
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
プロフィール

重之宮重太郎(重)

Author:重之宮重太郎(重)

~~お品書き~~
※35歳以上推奨
■日々の出来事
■洋ロック
■懐古なネタ
■身内ネタ
■RC-42ネタ
※閲覧の推奨環境
IE6/Fire Fox最新版

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。