スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go Back To Hell

えー、現在仕事が多くてテンパってます。
CD『ヴォーカルアルバム2~奇跡の雫~』やDSゲーム『ふたりはプリキュア スプラッシュスター パンパカゲームでぜっこうちょう!』について書きたいところですが!
『(略)パンパカゲーム(略)』はまだ開封すらしていないという現実……しかし、この公式サイトはまったく更新しませんな。これを書いてる時点で未だに11月30日発売予定って書いてありますし。やる気の無さが満ちあふれてます。
ま、それでも今日放送の第42話『お帰りなさい!満と薫!!』は、しっかりと見ましたけどね。朝飯食いながら。ちょっとね、画像はないのよ。貼ってると異常に時間かかるから、今日はナシね。

いや、ここのところ異常に面白いんですが!>SS
一体どうしてしまったのでしょう?(こらこら)
本日放送分のハイライトはですね、プールから飛び出すマジンガーZのように(古)復活した満と薫よりも!
「ドロドロン、いいな?」
「合点だ!」
「行け~!」
「退け~!」
「いっ? いいっ?! うわわっ! こういうときは、前進だろぉ~が~っ!!」
この辺のやりとりが印象に残ったというか、非常に笑えたんですが! 個人的に。
やはり泥はいいですね。『ヴォーカルアルバム2』の5トラック目『7つの泉を奪還せよ!!~フィフスエレメントの逆襲~』でも、一番聴き取り難いと思える彼の声ですが、一番目立ってるという。しかもかなりセリフが笑えてしまうという(笑)

「アクダイカーン様っ!! 踊る奴や歌う奴とは合いませ~んっ!!」
無念中辛カレーパン。もう少し活躍して欲しかったのですがね~。組んだ相手が悪かったんでしょうかね(笑) 彼が散ったあとのミニごーちゃんは結構良かったですけどね~。
しかし、考えてみればキャラフェは新居ができてウキウキのごーちゃんが持ってますからね~。その気になれば何度でも再生出来そうなもんですがね。多分しないと思いますけど。
ところで、モエルンバの火はどうやって保存してたんでしょうかね?>ごーちゃん ジョルノみたいにロウソクに灯してパンにぶっ刺して、本で囲ってたんでしょうか?

その他ではコロネの声が異常に渋くてですね、クレジット見てみたらウザイナーの中の人と同じだったのにびっくりしましたね。来年は何ナーになるんでしょうか?
そのコロネですが、胸にフィーリア王女がうっすらと浮かぶシーンを見てですね、バーホーベンの傑作『トータルリコール』を思い出したのは私だけでしょうか。火星のミュータントのリーダーみたいだなぁ、と。ま、それだけの話なんですがね。

次週はモエとキン様ですか! キン様もできれば2~3週は生き残って欲しいですね~。それから、水下姐さんも早く見たいですのう……
アレですな。コロネネタが続きますが、ペットが喋るっていうのは、かなり嫌かも知れませんなぁ。状況によっては。以下エロおやじかつブラックネタ。そーいうのが嫌いな人は読まない方が良いかと。

猫「咲、頼みがあるんだが」
咲「何よ、改まって」
猫「バターはやめてくれないか。俺もそろそろ歳だし、脂っこいものは控えたいんだ」
舞「……ぶっ!」(想像→鼻血の音)
………
……

み「わぁ、今日の晩ご飯はお鍋だぁ!」
母「今日の夕食はね、咲が作ってくれたのよ」
父「へえ、こりゃ肉もいっぱい入ってるし、美味そうだなぁ」
み「ちょっと変わった味のお肉だね。お姉ちゃん、これ、何のお肉?」
咲「フフフ……」


こんな想像をした私は終わってますネ。人として。さっさと仕事に戻りますぅ☆
スポンサーサイト

テーマ : ふたりはプリキュアSplashStar
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

満と薫

拙者も満と薫が復活する回は見てました…感動したなぁ!!
このふたりが活躍するシーンをもっと見たいと思いつつ、先週は休日出勤で見れませんでした (T_T)
しかし、キントレスキーをはじめプリキュアに出てくるキャラの安直な名前には笑ってしまいます(爆)東映動画のアニメにありがちなクセかもしれませんが(笑)

ヒラタツさん、こんばんは。
満と薫はアレですね、復活したら表情がやたらと柔らかくなっててびっくりしましたね、わたしゃ。
このふたりが活躍するシーンというか、このふたりがいないとプリキュアは敵にまったく歯が立たないぐらい(相対的に)弱体化してますので、結果的に活躍しちゃってますよね。「ハァアア!」って言うだけで、技に決め台詞が無いのがちょっと残念ですけど。「ミチカオ・ツンデレ・ストリーム」とか、そんな必殺技が欲しい気もしますねい。
ではでは~!
最近の記事とコメント(+)
最近のトラックバック
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
プロフィール

重之宮重太郎(重)

Author:重之宮重太郎(重)

~~お品書き~~
※35歳以上推奨
■日々の出来事
■洋ロック
■懐古なネタ
■身内ネタ
■RC-42ネタ
※閲覧の推奨環境
IE6/Fire Fox最新版

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。