スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い最終回だった……

今さらですが!

本当に、良い最終回だった。
勿論、ふたりはプリキュアSplashstar 第49話 『絶好調なり!永遠の星空の仲間たち!』のことです。
ちょいとごーちゃんの最期はアッサリ目でしたが、エピローグが大充実でしたしね。こちらの望むこと皆入れてくれましたし。非常によいまとめ方だったと思います、はい。ラストに流れた『『笑うが勝ち!』でGo!』なんざね、おじさん結構感動しちゃいましたよ。2番まであったしね。
しかし、あれですね。エピローグを見て思ったのは、この物語はあくまで咲の視点というか、咲を軸に世界がまわってるんだなぁ、ということでしょうか。舞は決して中心ではないですね。それが良いとか悪いとかではなく、終始一貫してますよね、この点では。それがどうしたといわれれば、それまでなんですがね。
まあ、色々批判されてたようですが、私としてはSSは大好きでしたね。無印やMHも好きでしたがね、まったく別の面白さがあったと思います。何度も書きますが、私の仕事がですね、滅茶苦茶忙しいっていうか、もう忙しいとかいうレベルじゃないんですがね。そのわりに年収が2/3近くに落ち込みましたし(笑) そりゃ、好きで転職した仕事ですがね。まー、そういうハードな日々を支えてくれたのは嫁さんと、このSSだったかなぁ、と。アニメに支えられるっていい歳した大人としては、なんだかなぁ、と自分でも思いますがね。でも、本当に癒されました。特に前半のED見てたときですね、ふわっと気持ちが温かくなったのを今でもよく覚えてます。敵キャラも魅力的でしたしね。一年間どうも有り難うと言いたい!
そして!
是非!
OVAとして復活を!……ダメかな?

さて、新番組ですが! 一応見ました。
えーと、まだ好きも嫌いもないっていうか、よく分からないです、自分としても。微妙に面白いような気もするし、そうじゃないような気もする(笑)
今までのシリーズと比較しないで、とりあえず思ったことは!
OPはあまり熱くなれませんでした。イントロでどうしてもコン・バトラーVを思い出してしまいますね。ドラムのリフが妙に昔のスラッシュメタルっぽいですね~。EDも微妙ですかね……曲は両方ともダメとは言いませんが、初めて聴いて、ガッチリハートを掴まれた! ということはなかったですね。ところでEDクレジットでフォントが明朝系になってるのが、なんか新鮮というか……
・女の子は結構かわいいかもね、造形的に。
・のぞみの相方、りんですが。キャラは悪くないような気もするのですが、やっぱどうしてもタコさんを思いだしてしまいます。声がそのまんまですしね(笑)
・生徒会長、いいっす! 全校生徒の名前覚えてるって、その辺の教員よりスゴイかも。でもこの人どう見ても20代。逆にこの人が20代になったとき、どんだけ艶っぽい女性になってるのでしょうか。熟れすぎてたりして(笑)
・珍獣はイマイチかわいくないかな。人間に化けてるときがメインなのかしら。扱いとしては。
・変身シーン、必殺技ともかなりアッサリですね。いずれ5人揃ったときのため、短めってことなんでしょうか。
・コワイナーってかなりホラーテイストが濃いような。
・敵キャラも、なんかある意味怖いッスね。目とか。
・背景にはもっともっと頑張って欲しいですね。ちょっとアラが目だったかな。
・図書館広すぎ。ホントに中学校の図書館ですか?(笑)
・敵のボスの名前は、まだ分からないのね。オウミヤーンとかキノクニヤーンとかだったら、ちょっと嫌かも。いや、イイかも!(どっちですか)
と、こんなところですかね。因みに姪っ子にさっき電話して、5の感想聞いてみたんですが!
……あまりお気に召してないようで(汗)
是非是非、これからの展開に力入れてほしいな、と。今後に期待したいですね。
ところでSS放送してる間に、一枚の絵も、ひとつのSS(二次創作小説)も書(描)けなかったのがちょっと心残りですね、私としては。
まー、私がちょっと温めていたSSのSSってのは、例によって重ーい話で、悲恋の話で、救いは……ちょっとあるかな。そんな感じなんですが。SSの世界観に合ってないっつーか、重々承知なんですがね(笑) いずれカタチにできれば良いんですがね。来年度の仕事量次第。どうなるのかさっぱり予測できません。私自身には。
あと、←にあった人気投票、締め切りました。
なるべく早く集計したいっ!
スポンサーサイト

テーマ : ふたりはプリキュアSplashStar
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事とコメント(+)
最近のトラックバック
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
プロフィール

重之宮重太郎(重)

Author:重之宮重太郎(重)

~~お品書き~~
※35歳以上推奨
■日々の出来事
■洋ロック
■懐古なネタ
■身内ネタ
■RC-42ネタ
※閲覧の推奨環境
IE6/Fire Fox最新版

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。